ブロガーシノケンの公式サイト。豊かな人生を目指す人に情報発信しています。

EXCITE LIFE(エキサイト・ライフ)

人生論・成功マインドセット

知覚動考とは?知覚動考で0から最短で成功を手にする

更新日:

 

シノケン
こんにちは

ブロガーシノケンです。

 

本日は、「知覚動考」について

お話していきたいと思います。

 

知覚動考は僕が常に行動理念として

念頭に置いている言葉であります。

 

これは成功する為に

必ず必要な行動理念です。

 

ちなみに、知覚動考の読み方は?

 

まず、

知覚動考をどう読めばわからなかった

という人は恥ずかしいです。

 

嘘ですw

 

僕も初めてこの言葉を知った時には

読みがわかりませんでした...

 

元々は、仏教や禅の言葉で

ネットで調べるみると

 

知覚動考(ちかくどうこう)

知覚動考(ともかくどうこう)

と2つの読み方があり

どちらも正しいようです。

 

僕は、知覚動考(ちかくどうこう)が

正しい読みだと思っていましたが

調べてみると知覚動考(ともかくどうこう)と

読んでいる人が多いみたいです。

 

知覚動考の意味は?

 

ここからが本題ですが、知覚動考の意味は

 

知 ・・・・知って

覚・・・・覚えて

動・・・・行動をする

考動・・・行動が正しかったかを考察する

 

の順番で行動するのが

成功への一番早いサイクルであるという意味です。

 

つまりは、

何かを知って、覚えたら

まずは、動いてから考えるのが

最良であるという事です。

 

なぜ、

「知覚動考のような言葉が存在するのか」

というと成功できない大半の人は

知覚動考というサイクルで取り組んで

いないからです。

 

行動より考えるのが先だと結果的に失敗する理由

 

多くの人は、

知覚動考のうち

知って覚えまでは、到達できます。

 

しかしながら、

行動をする人はそう多くはありません。

 

なぜなら、

人は未知なるへ挑戦する時に

100%頭の中で納得しないと動けない

からです。

 

例えば、

「●●だったらどうしよう?」

「仮に失敗したらどうしよう?」

「××ができないならどうしよう?」

など...

 

ただ、このパターンの思考だと

成功には到達できないと断言できます。

 

なぜなら、頭の中で描く事と現実には

大きな乖離があるからです。

 

つまり、

「何事もやってみないと分からない」

これが正解なのです。

 

ホリエモン曰く「バカは成功する」

 

意識の高いサラリーマンに

人気な堀江貴文氏(ホリエモン)という人物がいます。

(知らない人はいないでしょう。)

 

彼は、

「ビジネスの世界ではバカの方が成功する。」

という持論を展開しています。

 

これは、成功する沢山の起業家を見てきた

ホリエモンさんの率直な感想かと思いますが

知覚動考とオーバーラップしてくる部分があります。

 

つまりは、

ビジネスという絶対的な成功法則が

ない世界においては

「失敗を恐れて入念にアレコレ考え行動できない賢い人」

より

「失敗をしてもめげないで当たるまで行動するバカ」の方

が成功する。

 

これがホリエモンが意図する

「バカが成功する」という事だと思いますが

知覚動考と考え方は非常に似ているのです。

 

僕の周りにも起業家は多いのですが

やはり、ホリエモンが言う「バカタイプ」

の人は多いのは事実です(笑)

 

まとめ

 

何事においても

行動して初めて得られた情報

というもがあります。

 

今は、インターネットで情報は

多く手に入りますが

 

自分が実際に行動して得られる情報とは

やはり雲泥の差があります。

 

また、色々な情報を得たが為に

「不安になって行動できない。」

という経験は誰にでもあるはずです。

 

であれば、

知覚動考というサイクルで取り組んで

自分で得た情報を元にも修正していく

知覚動考というステップが成功を得る為に

一番理にかなっているのです。

 

ですので、

仮にあなたに必ず達成したい目標があるのであれば

今日からでも知覚動考を徹底してみてください。

先回りの不安は一切、不要です。

 

まずは、行動してその後に

考えのが一番のショートカットです。

 

 

 

  • この記事を書いた人
kensakukensaku

ブロガーシノケン

詳しいプロフィールはこちら

-人生論・成功マインドセット

Copyright© EXCITE LIFE(エキサイト・ライフ) , 2019 All Rights Reserved.